aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« アメリカからの移籍選手 | メイン | 今日のトレーニング »

生涯学習<1点差の大きさ>

こんにちは。
今日は、ランニングしてシュート練習、壁当てして今からPoolです!!


今日は近くのグラウンドで闇練!!
闇練とは内緒で一人特訓をすること!!

大学の時、京都産業大学でいつもメールで「茶屋(私たちのグラウンドの名前)で闇練し
まーーす!!これる人集合!」とかいって全然内緒になってなかった闇練ですが、
この闇練のおかげでラクロスがこんなに好きになったんだと思います。

昨日、USA vs AUSの試合を見て、1点差のGAMEを勝ち取る強さを感じました。

1点差。

たった1点だけれど、この1点の大きさ。
昨日の試合で痛感しました。

TVで映る試合終了後の両TEAM。


かたやみんなで抱き合い、「NO,1」と手を高々と上げるUSAに対し、涙で崩れるAUS。

最後の1分切って残り30秒までどうなるか分からなかった昨日の試合。
残り30秒での最後のAUSのシュートあれが決まっていたら逆転だってあり得た展開。

でも、


あそこでUSAが守り切った瞬間、今年のUSAの強さを目にしました。

前回のW杯でUSAはAUSに決勝で差をつけられて負けている。
世界1はAUSだ!
今年は前回の選手が1人いるかいないかの総入れ替えで臨んできたUSA。

ラクロス最大シェアのUSAが負けるわけにはいかない。

タレントぞろいのAUSに若手中心のUSA。

USAの勝負強さ、この目でしっかり目に焼き付けました!

AUSの選手に勝ってほしかった。
AUSの選手たちの気合い、努力、一緒にトレーニングしてきたからこそわかるラクロスへ
の意識、情熱。


昨日は本当に悔しかった。

でも、1点差の試合をものにするUSAの強さにも学ぶべきところをたくさん見つけられたの
で、本当にためになりました。

私たち日本が目指すべき、倒すべき相手はまだまだ上に位置する。

何年かかるか分からない!
でも、次の4年でもっともっとこの頂点に近づけるように頑張ろうと思う。

AUSの選手たち帰ってきたらまた気合入れてやるんだろうなぁ。
楽しみです!

うちのWlidyのキャプテン#22もDF#10もすごく頑張っていたので、胸張って帰ってきてほ
しい。

一緒にやるのがたのしみです。

DSCN1192.JPG

そして、もうひとつ感じたことがありました。

試合中、審判のジャッジでブーイングの観客。


でも、その時思ったんです。


ジャッジは自分たちでするんじゃない!
審判がするもの。
時間の中で戦っているのと同じ。
ラクロスは30分の前後半で多く得点を取ったほうが勝ちというただ単純な勝負。
スポーツにはルールがある。
そのルールは戦う者同士同じ理解をしあってやっているはず。

そして、そのルールに従ってジャッジをしてくれているのが審判なのだ。

フィールドの中で、自分の中で勝手にジャッジをしても何もなく、ただそれは自分の中の
自分だけのルールの理解。

時には「おかしい!!」と言いたくなるジャッジもあるかもしれない。

でも、それはPLAYしている選手たちではなく、観客の方々、他の審判員の方々、第3者が
するのも。

Playerが勝手にジャッジをしてしまうと、自分の集中力を乱す原因になるだけなんじゃな
いかって思う。

だから、私はしない。


大学生の時に試合中、審判の方に「なんでですか!!??」とか生意気に言ってしまっていた
ことがある。
でも、それは、私は違うと学んだ。
そこで、勝手にイライラしても30分の時間(日本は25分)は流れていくだけ。

それじゃ、なんもいいことない。
集中力を切らしている時間がもったいない。

というか、大好きなラクロスが面白くなくなる。楽しくなくなる。

そんなの嫌だから、私は自分で勝手なジャッジはしない。


昨日の決勝戦でも、playerはだれも審判に文句を言う選手なんかいなかった。

でも、日本のリーグ戦は少し多い気がする。
AUSも多いTEAMは多い。

それが悪いわけじゃないけれど、審判の方もそいうい場面でまた審判技術も上がっていく
ものかもしれませんから。


ラクロス is LIFE。

こういうことをか書かしてもらってる中でもまだまだ、考えるべきこと、学ぶべきことは
たくさんあるなと実感しました。


スポーツを通して学んでいることは生きる中でも必ず遭遇する場面がある。
私は勉強を座ってすることは得意じゃないけれど、こういう場面でいろいろと学習できて
いると思うとラッキーで仕方ない!
それに気づけるようになるまで26年ほどかかってしまったが、この先もまだまだ学習、生
涯学習し続けて生きていくのだろう。

とふと思いました。


熱くなってしまいすみましぇん。。

Calendar

2009年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

GALLERY-2

http://www.ssksports.com/hummel/

http://www.phiten.com/

アスリートの夢

http://www.plus-blog.sportsnavi.com/samurai/

ラクロス総合情報サイト My Lacrosse まいらく

http://www.hoshinodreams.com/ouen/

Go Go Adelaide

http://www.son.or.jp/index.html